悩む人の特徴

  • HOME > 悩む人の特徴

どもりに悩む人の特徴

どもりは、特定の言葉や音が言えない症状です。
自分の名前や勤めている会社名にその音が入っていると言うことができず、会社を辞めてしまう人もいるほどです。

どもりに悩む人には、このように深刻に悩んでいる方がいます。
それほどひどくない症状なのに、悩んでいる方もいます。
ただし、かなりどもっているのに、あまり悩まない方がいるのも事実。
このように、どもる人の悩みの大きさは、人それぞれなのです。

また、周囲の人の反応によって、悩みの大きさが変わります。
例えば、どもりに慣れている人は「その程度で悩むなんて」と言います。
反対に、どもりを否定する人は「どもる人は劣っている」と言います。

どもりは悪いと思っている人が周りにいるだけで、深く悩んでしまい、苦しんでしまうのです。
ただし、どもりを隠して、人と話すことから逃げていると、本当に克服できなくなってしまいます。