悲観的にならない

  • HOME > 悲観的にならない

悲観的にならない

子供のどもりが治らないと、親は大変だと思ってします。

しかし、どもりが治らなくても、悲観的になることはありません。
どもりと上手に付き合っていけば、豊かな人生を送ることは可能です。

人は生きていく上で、様々な悩みや苦しみが出てきます。
人はそれぞれ、人生のテーマを持っています。
子供のどもりというテーマを通じて、生きていく意味や人生を考えていけば良いのです。
この経験は、長い人生において、最大の宝物となるでしょう。

どもりが治ることだけを考えず、どもりときちんと向き合って、生きていく力や知恵を育てていきましょう。
治らないからと、何もせずに放っておくのではなく、きちんと子育てに取り組んでいきましょう。